話題

台風5号の米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報!日本への影響も

更新日:

2020年8月7日、米軍による警告センターでは台風5号(チャンミー)のたまごとみられる雲の塊が確認できました。そして、この熱帯低気圧は今後発達する可能性が高く、8月9日には台風へと変わり、沖縄に接近するとみられていますよね。

この記事では、台風5号の米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報をお伝えするとともに、日本への影響も調べていきたいと思います。

台風5号2020米軍&ヨーロッパの進路予想

米軍

8月9日現在、台風5号へと変わったたまごは沖縄の南に。さらに、台風6号のたまご(黄色い丸で囲まれた95W)も新たに発生しています。

↓↓8月9日の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

8月8日、今後24時間以内に発達する可能性の高い台風5号のたまご(赤い丸で囲まれた94W)が存在していることが確認できます。

↓↓8月8日の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

ちなみに、前日の8月7日に確認できた台風5号のたまご(黄色い丸で囲まれた94W)の様子がこちらです。フィリピンの東海上に存在していました。

↓↓8月7日の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

参考

  • LOW(黄色の丸):24時間以内に発達する可能性は低い
  • MEDIUM(オレンジの丸):24時間以内に熱帯低気圧になる可能性がある
  • HIGH(赤い丸):24時間以内に台風へ発達する可能性が高い

最新の進路情報を確認してみると、最終的にはまたもや北海道上空を通過する予想となっています。

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

なお、8月4日の時点で台風5号となりそうなオレンジの丸で囲まれた93Wは、フィリピン/ダパオからおよそ250NM離れた東南の海上に存在していましたが、翌8月5日、発生が見込まれていた台風5号の存在は確認できず、雲の塊は消滅しています。

米軍の最新予報はこちらから!

ヨーロッパ中期予報センター

ここで、ヨーロッパ中期予報センターによる、台風5号の進路を見てみましょう。

↓↓8月9日

出典:ECMWF

↓↓8月10日

出典:ECMWF

↓↓8月11日

出典:ECMWF

↓↓8月12日

出典:ECMWF

↓↓8月13日

出典:ECMWF

↓↓8月14日

出典:ECMWF

↓↓8月15日

出典:ECMWF

↓↓8月16日

出典:ECMWF

ヨーロッパ中期予報センターの最新情報を見る!

no image
台風7号たまご米軍&ヨーロッパの進路予想と最新情報!日本への上陸や関東への影響は?

8月に入り、一旦消滅した台風7号(ヒーゴス)のたまごが8月16日時点で再びフィリピンの近くで発生し、8月17日13時、台風へ発達する可能性が出てきました。そして、8月18日7時の時点で米軍予想では台風 ...

続きを見る

台風5号最新情報と名前

Windy(ウィンディ)

Windyでリアルタイムの風の動きを確認したところ、沖縄から九州、四国を含む西日本上空で風が渦を巻いている様子が見えますね。

気象庁

8月8日、気象庁もこの台風5号のたまごを現時点で熱帯低気圧と解析しています。そして、前述している通り、8月9日に台風5号へと変わりました。今後の進路は、発達しながら東シナ海を北へ進みながら8月11日には温帯低気圧へと変わる予想です。

また、梅雨明けの発表がされていない北東北では、前線の停滞と台風の影響で大雨に警戒が必要な状況となっており、石川や新潟といった北陸でもこの前線の影響があるとされています。

↓↓8月9日

出典:気象庁

↓↓8月8日

出典:気象庁

そして、8月8日~9日にかけて台風5号へと変わる様子が分かる天気図がこちらです。

↓↓8月8日の熱帯低気圧

出典:気象庁

↓↓8月9日の台風5号

出典:気象庁

気象庁の最新台風情報はこちら!

なお、日本への影響については、3連休の8月9日~10日頃にかけて沖縄に接近するおそれがあるとみられています。九州にこの雲がかかることはないとされていますが、念には念を入れて対策しておきたいですね。

台風5号の名前チャンミーの由来

台風5号の名前は韓国が提案したもので、Jangmi(チャンミー)と名付けられました。現地の言葉で「ばら」という意味なんだそうです。

ちなみに、台風6号が発生した場合はタイが提案したMekkhala(メーカラー)と呼ばれ、意味は「雷の天使」となります。

まとめ

8月9日現在、台風5号(チャンミー)のたまごが発生しており、日本/沖縄への影響があるとみられています。最新の進路情報を確認しながら、側溝の掃除や窓の補強など、今できる備えを万全にしておきましょう。

そして、前線が停滞している北日本や日本海側の地域の皆さんも大雨に警戒しておく必要があります。この雨の影響で、河川の氾濫や土砂災害が起きることも考えられますので、どうか身の安全を守る行動をお願いしたいと思います。

no image
台風6号たまご米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報!日本沖縄や関東に上陸の可能性についても

8月9日に確認できた台風6号(メ―カラー)のたまご。8月10日正午に南シナ海で台風6号へと発達し、北へ進んでいますね。 この記事では、米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報をはじめ、日本の沖縄や関東に上陸 ...

続きを見る

-話題

Copyright© tobiramovie , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.