話題

台風15号2020たまごの米軍ヨーロッパ最新進路予想!日本への影響の可能性と発生はいつ?

更新日:

10月11日午前3時、台風15号リンファが南シナ海で発生してから丸一日。12日午前3時の時点で熱帯低気圧に変わりましたね。日本への直接的な影響はありませんでしたが、今後も台風発生の可能性が高い状態が続いています。

この記事では、台風15号2020リンファのたまごの米軍合同台風警報センター&ヨーロッパ中期予報センター最新進路予想を調べ、お伝えしていきます。

台風15号リンファ米軍とヨーロッパの進路予想

米軍合同台風警報センター

米軍では、熱帯低気圧に変わった風15号リンファ(TS17W)の他、台風14号チャンホン、そして新たな熱帯低気圧TD18Wが観測されています。最終進路予想も発表されていますので、確認してみましょう。

↓↓10月12日4時45分の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓10月9日4時00分の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

 

メモ

  • LOW(黄色の丸):24時間以内に発達する可能性は低い
  • MEDIUM(オレンジの丸):24時間以上かかるものの熱帯低気圧になる可能性がある
  • HIGH(赤い丸):24時間以内に熱帯低気圧もしくは台風へ発達する可能性が高い

 

台風15号の最終予想進路がこちらです。

↓↓10月11日18時00分発表

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓10月11日6時00分発表

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

 

メモ

進路予想円の横に表示される協定世界時(○○Z)は+9時間で日本時間に変換しましょう。例えば、

・07(日付)/00Z(時間)→7日9時
・07(日付)/18Z(時間)→8日3時

と読み取ることができます。

米軍合同台風警報センターの最新予報

ヨーロッパ中期予報センター

冒頭でお伝えしたように、米軍によりとらえられた台風15号のたまごの位置(フィリピンの西)にそってヨーロッパ中期予報センターの風の動きの画像を用意しました。

また、こちらとあわせてウィンディのリアルタイム情報を確認することをおすすめします。

↓↓10月10日21時

出典:ECMWF

↓↓10月11日21時

出典:ECMWF

↓↓10月12日21時

出典:ECMWF

↓↓10月13日21時

出典:ECMWF

 

ヨーロッパ中期予報センターの最新情報

台風16号2020たまごの米軍ヨーロッパ最新進路予想と発生はいつ?日本への影響の可能性についても

10月12日15時、ウィンディとヨーロッパ中期予報センター、そして気象庁の予想天気図でとらえられていた台風16号ナンカーのたまご/熱帯低気圧が台風へと発達。そして、この台風16号は南シナ海で発生したの ...

続きを見る

台風15号リアルタイム最新情報と名前

Windy(ウィンディ)

リアルタイムで風の動きを確認できるウィンディは、精度の高さでも定評があるため、台風シーズンにも必須のツールとして活躍してくれますよ。

気象庁

気象庁では、24時間以内に台風15号へ発達するとみて熱帯低気圧bの進路予想を発表していましたが、台風15号は日本へ直接的な影響を及ぼす可能性は低いものと考えられますね。

なお、冒頭でも触れたように、この台風15号は12日午前3時の時点でラオスで熱帯低気圧に変わりました。

↓↓10月12日

出典:気象庁

↓↓10月11日

出典:気象庁

↓↓10月10日

出典:気象庁

メモ

気象庁では9月9日15時から24時間以内に台風へと発達する熱帯低気圧を観測した場合、5日先まで進路予想を発表しています。また、台風は北西太平洋で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒17.2メートル以上のものを指します。

気象庁の最新台風情報はこちら!

天気図

日本付近の天気図ではフィリピンの西に発生している熱帯低気圧が確認できないので、アジア太平洋域の天気図を用意しました。

順を追ってみてみると、10月11日21時の時点でTS(台風15号)がベトナムに最も接近し、10月12日になると再びTD(熱帯低気圧)になる見込みとなっています。

↓↓アジア太平洋域10月11日3時の実況

出典:気象庁

↓↓アジア太平洋域10月11日21時の予想天気図

出典:気象庁

↓↓アジア太平洋域10月12日21時の予想天気図

出典:気象庁

台風15号の名前リンファの由来

皆さんの防災意識を高めてもらう目的として、台風に名前が付けられることはご存知ですか?これは、アジアを中心とした台風委員会に加盟する14カ国が台風の名前を提案しているんですよ。

台風15号の名前はマカオが提案したもので、Linfa(リンファ)と名付けられ、はす(蓮)が由来しています。また、台風16号が発生した場合はマレーシアが提案するNangka(ナンカー)となり、果物の名前を意味する呼び名に。

マレーシアの後は、ミクロネシアのSaudel(ソウデル)→フィリピンのMolave(モラヴェ)・・・と続いていきます。

メモ

 1.カンボジア
2.中国
3.北朝鮮
4.香港
5.日本
6.ラオス
7.マカオ
8.マレーシア
9.ミクロネシア
10.フィリピン
11.韓国
12.タイ
13.米国
14.ベトナム

台風の番号とアジア名の付け方

海面水温

台風の勢力と深く関係のある海面水温。日本近海はだいぶ下がってきていますね。しかし、今もなお日本の南の沖合では27℃~30℃を示しているため、今後も強い勢力の台風が発生する可能性があるとみられています。

メモ

台風の勢力(強さ)に影響を及ぼす海面水温は27℃とされていて、ここで台風が発生すると「非常に強い」あるいは「猛烈な」勢力へ発達するおそれがあります。

↓↓10月9日の海面水温

出典:気象庁

まとめ

10月11日に発生が確認された台風15号リンファは、12日午前3時にラオスで熱帯低気圧に変わりました。しかし、すでに次なる台風16号の発生が予想されている状態です。

同じく日本へ影響を及ぼすおそれはないとみられていますが、最新の情報に注意しながら、台風対策を進めておきたいですね。

窓の割れ対策に、養生テープの備蓄がおすすめ!
↓↓

養生テープの売ってる場所はどこ?100均やコンビニや代用として使えるものも紹介

2020年9月現在、日本の南の海面水温が高い状態が続いており、台風の勢力が強くなる傾向と報じられていますよね。こうした台風情報をキャッチした後は、早めの対策が肝心になります。 そこで今回は、台風シーズ ...

続きを見る

-話題

Copyright© tobiramovie , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.