話題

台風11号2020たまごの米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報!日本上陸の可能性と九州や関東への影響は?

更新日:

9月15日15時、気象庁により24時間以内に台風へと発達する可能性のある熱帯低気圧aが観測されましたね。この熱帯低気圧は、16日3時の時点で台風11号ノウルとなり、19日現在はタイで再び熱帯低気圧に変わったようです。

この記事では、台風11号2020たまごの再発生はいつなのか、そして米軍&ヨーロッパ進路予想と最新情報とともにウィンディのリアルタイム予想、さらに日本上陸の可能性と九州や関東への影響についてお届けしていきます。

*たまごの発生から温帯低気圧に変わるまで更新中!

台風11号2020米軍&ヨーロッパの進路予想

米軍(合同台風警報センター)

米軍により、台風11号のたまご(90W)が日本時間の9月14日15時にフィリピン付近で観測されました。9月16日2時半の時点でTD13W(熱帯低気圧13W)に、そして14時半の時点でTS13Wノウルの存在が確認されています。

↓↓9月16日14時30分の様子

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓9月16日2時30分

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓9月15日11時30分

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓9月15日2時30分

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

↓↓9月14日15時00分

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

 

メモ

  • LOW(黄色の丸):24時間以内に発達する可能性は低い
  • MEDIUM(オレンジの丸):24時間以上かかるものの熱帯低気圧になる可能性がある
  • HIGH(赤い丸):24時間以内に熱帯低気圧もしくは台風へ発達する可能性が高い

 

このTS13W(台風11号ノウル)は、9月19日2時の時点でタイに上陸しています。

米軍が発表した18日18時の進路予想
↓↓

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

18日6時の進路予想
↓↓

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

16日6時の進路予想
↓↓

出典:JOINT TYPHOON WARNING CENTER

toki
進路予想円の横に表示される協定世界時(○○Z)+9時間で日本時間に変換できます。

例えば、07/00Zと表示されている場合は7日9時。07/18Zの場合は8日3時となりますね!

米軍の最新予報はこちらから!

ヨーロッパ中期予報センター

ヨーロッパ中期予報センターによる風の動きを見てみましょう。米軍が観測した雲の位置、フィリピンやベトナム付近の様子です。南シナ海上を進みながら、発達していく様子がうかがえますね。

↓↓9月16日9時

出典:ECMWF

↓↓9月17日9時

出典:ECMWF

↓↓9月18日9時

出典:ECMWF

↓↓9月19日9時

出典:ECMWF

↓↓9月20日9時

出典:ECMWF

ヨーロッパ中期予報センターの最新情報を見る!

台風12号2020のたまご米軍ヨーロッパの進路予想と最新情報!日本への上陸や関東・東海への影響は?

9月21日正午、台風12号ドルフィンの発生が確認されました。 この記事では、台風12号2020たまごの米軍合同台風警報センター、そしてヨーロッパや気象庁の進路予想と最新情報をはじめ、ウィンディのリアル ...

続きを見る

台風11号リアルタイム最新情報と名前

Windy(ウィンディ)

米軍や気象庁、そしてヨーロッパの予報と照らし合わせながらリアルタイムの風の動きをお伝えしています。ウィンディでは気圧や等圧線も表示でき、素人目の私でも危険を察知しやすいので、ぜひ皆さんにもご活用いただきたいツールです。

動画を進めていく段階で、フィリピンの東で発生した雲が渦を巻きながら西に進んでいきましたが、すでに等圧線の間隔、風ともに弱まっている様子が分かります。

気象庁

冒頭でお伝えしたように、当初発表された熱帯低気圧aが16日の3時に台風11号ノウルへと発達し、最新の進路予想が発表されています。なお、19日にはタイで温帯低気圧に変わる見込みです。

↓↓9月19日の最新進路予想

出典:気象庁

↓↓9月18日

出典:気象庁

↓↓9月15日

出典:気象庁

気象庁の最新台風情報はこちら!

天気図

日本付近の天気図には昨日の16日まで画像の左下に台風11号がとらえられていましたが、今日17日の実況ですでに姿を消してしまっています。ネットニュースでも伝えられていますが、日本に直接的な影響はありません。

なお、予想天気図に新たな熱帯低気圧が表示されていますが、この情報は台風12号の最新記事で詳しくご紹介しています。

↓↓9月19日6時の実況

出典:気象庁

↓↓9月19日21時の予想天気図

出典:気象庁

↓↓9月20日21時の予想天気図

出典:気象庁

台風11号の名前ノウルの由来

台風11号の名前は北朝鮮が提案したもので、Noul(ノウル)と名付けられました。現地の言葉で「夕焼け」という意味です。また、台風12号は香港提案のDolphin(ドルフィン)となり、香港を代表する動物の一種「白イルカ」が由来しています。

アジアを中心とした台風委員会に加盟する14カ国が台風に名前を付けているのですが、各国になじみのある呼び名を用いて防災意識を高めてもらう狙いがあるんだとか。

日本の場合は「こいぬ座」や「やぎ座」など、星座に由来する名前を提案しており、2020年に台風13号が発生した場合「くじら座」が呼び名となります。

台風の番号とアジア名の付け方を見る!

海面水温

台風と深く関係ある海面水温は、9月に入ったにも関わらず日本の南で30℃のままとなっています。

これは例年7月に発生する台風により海面水温が下げられるはずなんですが、今年はまさかのゼロ。海水がかき混ぜられず、さらに太平洋高気圧の張り出しで日射量が増えてしまったことも海面水温が温まる要因に・・・

台風10号はピンクで表示された30℃の場所で発生したため、猛烈な勢力にまで発達する予想になってしまったんですね。しかし、台風9号により九州付近の海水温が下げられたことで、当初の勢力より弱まったと言われています。

↓↓9月16日の海面水温

出典:気象庁

↓↓9月3日(台風9号通過後)

出典:気象庁

 

メモ

台風の勢力(強さ)に影響を及ぼす海面水温は27℃とされていて、ここで台風が発生すると「非常に強い」あるいは「猛烈な」勢力へ発達するおそれがあります。

台風シーズン真っ只中の9月。この後も警戒が必要になりそうです・・・

太平洋高気圧と偏西風

気象庁が8月25日に発表した9月~11月の3か月予報では、台風の進路に関わる太平洋高気圧の張り出し位置について触れています。

太平洋高気圧は日本の南で西への張り出しが強く、東・西日本太平洋側や沖縄・奄美では南からの湿った空気の影響を受けやすいでしょう。

引用:https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/001.pdf

また、台風を流す偏西風については

上空の偏西風は、東アジアで平年より北を流れやすく、日本付近は北からの寒気の影響を受けにくい見込みです。

引用:https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf3/001.pdf

過去の台風と異なる点は、太平洋側の地域に近付く台風が増えていることです。その原因は、太平洋高気圧の張り出しが西に強くなったためと言われています。さらに台風を移動させる偏西風が弱まっていることから、移動速度も遅くなるとの見解を示しています。

toki
最新の情報では、今後、太平洋高気圧の張り出しが弱まり東へ後退していくそうです!日本に近付くおそれが高まっているため、注意が必要ですね!

まとめ

9月19日現在、台風11号は西に進みながらタイへ上陸し、現在は熱帯低気圧となっています。日本への直接的影響はないとされていますが、前線にともなう急な強い雨や風に今後も注意していきたいですね。

朝晩はようやく涼しさを感じられるようになりましたが、まだまだ油断できません。今後も勢力の強い秋台風はもちろん、大気の状態が不安定な時に起こる急な雷雨にも備えておきましょう。

↓↓窓ガラスの割れ対策に!

養生テープの売ってる場所はどこ?100均やコンビニや代用として使えるものも紹介

2020年は海面水温が高く台風の勢力が強くなる傾向で、台風10号ハイシェンは特別警報級にまで発達すると報じられていますよね。こうした台風情報をキャッチした後は、早めの対策が肝心になります。 そこで今回 ...

続きを見る

-話題

Copyright© tobiramovie , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.