2019春ドラマ

小説王のロケ地ドラマ撮影場所をチェック!目撃情報は?

更新日:

ついにドラマ化された「小説王」は、早見和真氏の著で2016年5月10日に小学館より刊行された小説「小説王」が原作となっています。

また、この作品はその人気に伴い、2019年に文庫化、及び、大沢形画氏によるコミカライズもされています。

白濱亜嵐さんのフジテレビ初主演作品であったり、FOD同時配信、アジア圏での配信決定など、ドラマ自体も十分話題性に富んでいますが、原作の人気もかなりのようです。

今回はそんな「小説王」のドラマ撮影場所やロケ地についてご紹介いしていきますね。

小説王のロケ地ドラマ撮影場所をチェック!

小説王のロケ地・撮影場所について、どのシーンに使われたのか明らかになっているものは、その詳細も含めてお伝えしていきたいと思います。

ホテルロイヤルガーデン木更津

所在地︰千葉県木更津市大和1-8-14

通用口が、白濱亜嵐さん扮する吉田豊隆のアルバイト先の入り口として使われています。

モンシェリー(レストラン)

所在地︰千葉県木更津市大和1-1-13

登場シーンは不明

新宿教育会館

所在地︰東京都新宿区西新宿7-22-43

小柳友さん扮する小柳俊太郎が務める総合出版社「神楽社」として登場。

ブックファースト新宿店

所在地︰東京都新宿区西新宿1-7-3

吉田豊隆の新人賞受賞作「空白のメソッド」発売時、大々的に売り出していた書店の様子として登場。

Bar Okoze

所在地︰東京都目黒区下目黒3-19-8

作中に度々登場するBarケリーの撮影地

炭火焼鳥山しな

所在地︰東京都港区新橋4-11-8

登場シーンは不明

あるぱか(飲食店)

所在地︰東京都新宿区歌舞伎町1-1-9

登場シーンは不明

六本木 金魚(キャバクラ)

所在地︰東京都港区六本木3-14-17

登場シーンは不明

茶彩 絲(飲食店)

所在地︰東京都港区六本木3-6-1

居酒屋はちべえ(寿司居酒屋チェーン)

上野店、青山店、六本木店があるが、どちらの店舗でどのシーンに起用されているかは不明

喫茶にしむら(飲食店)

所在地︰東京都港区東麻布2-19-3

登場シーンは不明

かれー麺 実之和(都内チェーン飲食店)

六本木店、青山本店、赤坂店があるが、どちらの店舗でどのシーンに起用されているかは不明

目撃情報は?

ドラマ「小説王」に対しての目撃情報は残念ながら得られませんでしたが、撮影期間中と思しき時期の白濱亜嵐さんの目撃情報がツイッターに上げられていたので以下にまとめます。

まとめ

23歳で小説「空白のメソッド」にて新人賞を取るもその後鳴かず飛ばずでもがき続ける吉田豊隆と、小学生ぶりに彼に再会し、閉ざしていた夢に再び立ち向かおうと編集者になった小林俊太郎、二人の熱血奮闘ぶりが魅惑の「小説王」。

目撃情報については「小説王」の撮影現場だという確証のある物は得られませんでしたが、 撮影地に関しては、撮影協力一覧に木更津ロケーションサービスやエムエンターテイテント、アートワークスラパン、葛飾区観光フィルムコミッションが名を連ねていた事から、千葉県木更津市と都内での撮影がメインだったことがうかがえます。

小説が売れずバイトに明け暮れるゆったりのんびりな吉田豊隆とは正反対に、所属するグループGENERATIONSfrom EXILE TRIBEのツアーの合間を縫ってまで撮影に望んだ白濱亜嵐さんの努力を思うと、ドラマ「小説王」が面白くないはずがないと言いきれると思います。私もこの後の展開を楽しみにしています。

FODプレミアムでテラスハウス湘南編が1話から見放題で配信中♪東京・ハワイ・軽井沢編も毎月貯まるポイントでお得に視聴できます♪1ヶ月お試し視聴はこちら!→FOD

【3分で完了】
FODのお試し登録と解約の流れと注意点の紹介ページはこちら!

-2019春ドラマ
-,

Copyright© tobiramovie , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.